便秘の子供は少しのことで疲れたり集中力も途切れがち

毎日子供の保育園 > 便秘 > 便秘の子供は少しのことで疲れたり集中力も途切れがち

便秘の子供は少しのことで疲れたり集中力も途切れがち

海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。

なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。この成分は子供の脳の発育に役立つと言われている成分です。

海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。

たっぷりの海藻料理をいつもたくさん食べて、海の力で丈夫な体をつくりましょう。青汁にたくさん含有されるビタミンは、他の栄養素の代謝を支える、体の様々な生理作用をコーディネートするなどの働きがあります。

 

 

全身の細胞を元気にし、病気への抵抗力を高めるのに絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。小松菜やニンジンなどの野菜類やプルーンやブドウなどの果物から摂れるビタミンは白血球の作用を向上させる効力のあることが証明されています。

 

睡眠時は悩みや心配を忘れさせたり、ストレスを軽減するのにも一役買っています。

 

 

 

小児については、それと併せて大脳の成育についてもとても大事な分野となります。

 

 

 

そのため、たっぷりと眠るということは、成長途上の小児の脳神経を完成形までもっていくためにも欠かせないのです。もし眠りについて重大な障害が起き続けるなら、脳の発達が大きく遅延するといった悩みも生じるかもしれません。

子どもが便通のリズムを身に着けさせ、そのことの重要性を教えるのに必要なのは、子供とのコミュニケーションです。

 

 

 

しっかり朝ご飯を摂って、便意が起きたときは便器に座る、このリズムを体得させましょう。

また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。

 

理想的な便というのは、においもほとんどなくて、バナナみたいな形をしていて水に浮かびますが、段々と底に落ちていくようなイメージです。

 

 

喉の渇きを訴えているような際は、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。

 

 

 

いろいろな添加物が入っていないので、体への浸透がスムーズなのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、胃袋を目覚めせることにつながり胃腸の消化のための準備が万全になります。

食欲が出てきますし、冷えた水のさわやかさによりパッチリと目が覚めることでしょう。

 

子どもの脳というのは幼児期に成人の脳の約85%にも発達していきます。その先は使う程度によって段階的に発達し、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知的トレーニングを行うことで向上していきます。

 

栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳がしっかり働くために重要な栄養です。また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする効力があるとされています。最近ではお通じがスッキリしない小児がとても多くなっています。

 

 

うんちをため込んでいる子供の場合、少しのことで疲れたり、集中力が途切れがちという状況が多くなるようです。

便秘が続いているようなら急いで対策を練りましょう。

 

子ども向けの下剤やイチジク浣腸も入手できますが、それはあくまで緊急手段ととらえて使い過ぎに注意です。

 

 

本来の自分の力によるお通じを取り戻せるよう食べ物や生活習慣などの面で必要なことを備えてあげましょう。これから大きくなっていく子供にとってはしっかりと栄養の摂れる食物を急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。

 

 

ですが、必要量以上にバク食いすると、本来の体にとって必要な栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。某保育園では子供が自身で食べられるだけのご飯をつがせ、自らが食せる量の範囲を実感できるようにさせているようですが、いい方法だと思います。子供用の青汁の選び方

 

 



関連記事

  1. 便秘の子供は少しのことで疲れたり集中力も途切れがち
  2. 野菜には便秘を防ぐ食物繊維がたっぷりある