小児タイプの浣腸薬や下剤は最後の手段

毎日子供の保育園 > 便秘 > 小児タイプの浣腸薬や下剤は最後の手段

小児タイプの浣腸薬や下剤は最後の手段

子供の発育を支える柱が食物です。

 

食物の栄養に秘められた力は、薬以上の働きをすることがあります。子どもの普段よく食しているものが成長を左右する要因となることがあります。

 

 

まわりの人々、とりわけ親の場合は、その事の重大さを認識しておかなくてはなりません。食物は病気にならない体をつくるのにひとかたならぬ効果を示しますし、脳や神経の発達面でも肝要です。子供さんに日々のトイレタイムをしっかりとさせその大切さを認識させるために必要なのが、子どもに対する親の教育です。しっかり朝ご飯を摂って、もよおしてきたら排便に行く、この一連の動きを習得するようにさせましょう。そうして、毎日の排便が体の調子を教えてくれる重要な目印であると教えましょう。

 

 

望ましいウンチの姿は、臭いという感じがなく、バナナのような形状で最初は浮きますが、少しずつ下のほうへ落ちていく感じのイメージです。海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。

 

 

なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。

 

これは乳幼児の脳の発達に役立つと言われている成分です。海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海洋のエキスが凝縮され蓄積されているからです。海藻を利用したサラダなどを毎日摂取して、海洋のエネルギーを体に取り込みましょう。

子どもの脳というのは幼児期に通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。

それからは訓練によって少しずつ発達し、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知能をよく使い続けることでさらにレベルがアップしていきます。

栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳を鍛えていく上での中心となる成分です。また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする効果で知られています。これから大きくなっていく子供にとっては栄養が偏らないような食事をふさわしい時間帯によく噛んで食べることが大事です。

 

ですが、必要量以上にバク食いすると、元来、人が備えるべき栄養というものの許容範囲がおかしくなることがあります。

 

とある幼稚園では食べられそうなぐらいの飯の量を自分でつがせて、自身の食べる量の程度を感覚としてつかむよう教えていますが、効果的な手段といえそうです。

何か水分を求められるような場合は、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。余分な成分が含まれないことから、体内に取り込まれやすいのです。とりわけ起床時にコップ一杯の水を飲むと、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃腸の消化吸収の態勢がしっかりと整います。

 

食べたい欲が高まりますし、冷たい水による冷やっこさでパッチリと目が覚めることでしょう。すぐにイラっときたり、ちょっとしたことでキレる子が急増しているとも言われています。

 

今の複雑な社会のストレスも原因と考えられますが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。

 

糖分を摂取しぎると低血糖状態になります。

 

砂糖を含む食品は血糖値を一気に上昇させます。

 

 

 

それを防ごうとして膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖からくる神経症状が現れます。近年になって排便に問題を抱える子が急増しています。うんちをため込んでいる子供の場合、疲労感をすぐに感じたり、集中力が散漫になるなど体調不良を訴えます。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。

 

 

小児タイプの浣腸薬や下剤も存在しますが、そうしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。本来の自分の力によるお通じを取り戻せるよう生活面や食事面でバックアップしてやりましょう。子供用の青汁について



関連記事

  1. 小児タイプの浣腸薬や下剤は最後の手段
  2. 赤ちゃんの緑色の便は大丈夫?
  3. 消化の良いものを食べれば便秘は治る?
  4. 便秘の子供は少しのことで疲れたり集中力も途切れがち
  5. 野菜には便秘を防ぐ食物繊維がたっぷりある