赤ちゃんのゼロゼロで考えられる病気

毎日子供の保育園 > 育児 > 赤ちゃんのゼロゼロで考えられる病気

赤ちゃんのゼロゼロで考えられる病気

赤ちゃんがゼロゼロ、ゼコゼコ、ゼーゼーなどと痰がからんだように喉を鳴らすことがあります。

 

これは心配のない場合と病院に行ったほうがよい場合とがありますから注意が必要です。

 

赤ちゃんの横顔新生児の場合は、気管が細いので何らかの分泌物があると、呼吸をするたびにゼロゼロになりやすいようです。

 

また体質的にゼロゼロになりやすい赤ちゃんもいます。

 

これらは心配するようなものではなく、成長に伴って症状もなくなっていくことでしょう。

 

一方で、風邪をひいたためにゼロゼロとするということが多いようです。

 

それ以外では、肺炎、膿胸などの重い病気でも同じ症状が出ます。

 

これらの心配なケースでは、ゼロゼロすること以外にも、高熱や苦しがる、顔色が悪い、長引く、ぐったりするなど赤ちゃんの様子に異変が見られます。

 

ですから、赤ちゃんの様子を全体的に観察して、病気かどうかを判断しましょう。判断に迷うようなときは念のために病院で診てもらうことをおすすめします。赤ちゃん 便秘 砂糖水

赤ちゃん 便秘 砂糖水

 

・ゼロゼロが起きる病気の特徴

赤ちゃんのゼロゼロが病気によって起きている場合は、以下のような特徴がみられます。

痰がからまってゼロゼロし、時々苦しそうに咳き込む・・・慢性気管支炎、気管支拡張症、結核などの可能性もあります。小児科を受診しましょう。

 

ゴホンゴホンと湿った咳を伴い、熱っぽくて鼻水やくしゃみが出る・・・重い風邪や気管支炎の可能性があります。小児科を受診しましょう。

 

痰が喉にからまり呼吸するのが苦しそう。高熱で顔色が青白く、ぐったりとした様子・・・肺炎、毛細気管支炎、膿胸の可能性があります、大至急病院へ行ってください。

 

ゼイゼイ、ヒューヒューといった咳や犬の遠吠えのような咳が出て苦しがる。熱は無い。夜間になりやすい・・・気管支喘息や仮性クループの可能性があります。小児科を受診しましょう。